しみに効果的なフォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルで効果的なしみ対策

*

腰痛改善の方法や原因 ストレッチや抱き枕が効果的

      2018/10/16

腰痛が酷くなると寝ようと思っても眠れなくなったり、眠っても腰痛で目が覚めることがあります。

そんな場合は腰が一番楽になる姿勢で寝ることが大切です。

体にあってない枕やマットレスなどの寝具が原因で腰痛になることもあるので、寝具の見直しも腰痛改善にもつながります。腰痛が改善しないときには睡眠不足が原因なこともあります。

そのため腰痛改善の方法の一つとして質の良い睡眠をしっかりととって体を休ませることが大切です。

腰痛改善のために質の良い睡眠をとる方法は色々ありますがストレッチも効果があるといわれています。

睡眠は2種類の種類があって寝てから最初に出るのがレム睡眠で、体は眠っていても浅い眠りで脳は活発に動いているので夢をみます。

深い睡眠がノンレム睡眠で、脳の働きは穏やかになって休息します。

ノンレム睡眠のときは成長ホルモンが分泌されて体の細胞も修復されて疲労を回復します。

入浴後は体が温まっているので、その後に寝る前にストレッチをすることで体の血行も良くなって体温も高まります。

それから眠りにつくと徐々に体温が下がるので、深い睡眠のノンレム睡眠へ導かれやすくなり質の良い睡眠もとりやすくなります。

腰痛改善の方法はストレッチと抱き枕が効果的

ベッドの上でも出来るストレッチにゴキブリ体操があります。

最初に仰向けに寝て腰が浮かないように注意して両手と両足を上に伸ばします。

力を抜いて手首とひざを曲げてぶるぶるさせる動作を30秒から1分します。

手足を上に伸ばしてぶるぶるするので手足の血流がよくなり、筋肉も解れてむくみの解消や脚やリラックス効果も期待できます。

腰痛改善の方法には抱き枕もよいとされています。

たくさんの品が販売されていますが、パウダービーズが入っているタイプだと優しい感触で横向きやうつ伏せなどの姿勢にあわせて変形して、抱きかかえると体圧も分散されて体に負担をかけないで眠れます。

 

 - 腰痛改善